iPhoneXsが壊れた話

2022年2月末、車で高速道路走行中、シガーソケットから充電しつつカーナビとして使用していたiPhoneが何の前触れもなくフリーズ。予定していた出口を過ぎたことに気づいて、急遽PAに入った。
ずっと陽が当たる場所に置いていて、かなり熱を持っていたため、充電ケーブルとカバーを外して冷却。落ち着いたところで再起動するといつも通り起動したので、そのまま目的地まで移動。車を駐車場に預けて電車移動のためSuicaで駅に入った。が、乗車予定の電車は第三セクターで一度改札を出て切符を購入するようにとのことで、改札に向かいiPhoneを取り出したところ、リンゴマークからブラックアウトを繰り返す、いわゆる「リンゴループ」を発症。コールドスタートなどを試みるも回復の見込みがない感じで、チケットに関しては、車内で対応していただき事なきを得た。

珍しく仕事のことは忘れようと、PCどころかスケッチ道具すら全部おいてきてしまっていて、超デジタルデトックスな週末を過ごし、帰宅後、自宅PCで復旧方法を検索。リカバリーモードでの修復でなんとかなるでしょ?という期待を完全に裏切り、試せる手段はすべて試すも復旧ならず。

月曜も予定があったので、なんとかごまかして乗り切ろうと思いながら、PCで軽く仕事をしようとして、あらゆる作業でSMSでの二段階認証、スマホアプリ併用による認証が必要になっていることに気づき、1時間も経たないうちにスマホ復旧が急務だと考え直して、翌日午後の予定をいったん時間未定にしていただいて、朝イチでApple Store新宿を訪れた。

突然壊れた、と言いつつ予兆はあった。半年ほど前Apple Careが切れるということで、Apple Storeでバッテリーチェックと、ディスプレイの交換をしてもらっていたので、まだ使うつもりでいたのだが、その後、ハプティックが壊れ、バッテリーが急速に弱まった。さらに最近にFaceIDが効かなくなり、コンパスのキャリブレーションを要求されるなど次々と不具合が発生していた。これを修理するのは無理だなと思いつつ、それでも、スマホとして使えているからまぁいいか、という程度に考えていた。

かくして、修理はメイン基板総取り換えは避けられないだろう、だとすれば6、7万にはなる筈。バッテリー交換もとなると新品購入一択の方が賢い選択だろう、という予想は的中。午後から予定もあるし、とにかく新しい端末下さい、ということで、iPhone12(256GB)購入。

どうせ修理できず新規購入が必要と分かっていてApple Storeに来た理由は、今回初めてeSIMを使っているから。SIMカードであれば、新しい端末買って差し替えれば終わりだが、eSIMをどうすればいいかわからない。ワンチャン壊れたXsを起動にこぎつけてもらって、新規購入した12にSIMの設定ごと移動できたりしないかな、それが一番期待できるのはGeniun Barだろう、ということでApple Storeまで足を運んだのだった。

しかし!起動しないiPhoneを起動させて、使用できる状態にするにはAppleIDとパスワードが必要…新品買えば事が済むと思って用意してない!PCなしには確認できない!eSIM(Povo1.0使用)の機種変更に伴う再発行も、Auにログインしなくてはならない。電気的に移動すれば終わりと思って用意してきてない!パスワード変更で乗り切るにはメールを受信して手続する必要があるが、メールサーバーのパスワードも覚えてない!

ということで八方ふさがりとなり、結局iPhoneを店頭購入しただけで帰路に就いたのでした。とはいえ、Apple Storeのスタッフはみんな製品知識しっかりしていてあらゆる質問に答えてくれるので足を運んだ甲斐はありました。海外に行くときはいつも予備の携帯を持っていきます。が、手持ちの予備がiPhoneSE(初代)で、旅先でメインが壊れたら復元もままならないだろうな、と思ったりしていました。旅をしなくなって二年、セキュリティ関係の扱いも随分変わってAuthentificatorだとかなんとか、なにをするにもスマホでの認証が必要になっていることに気づくいい機会になりました。

皆さんがこんな目に遭わないように教訓を挙げておきます。

  • iPhone単体での運用はしない。バックアップはiCloudへの自動バックアップ(WiFi接続時にバックグラウンドで勝手に差分バックアップをしてくれる)がおすすめ。
  • 店頭でのサポートを求める前に、AppleID、SIMのキャリアのWebサービス、途中メールのリンクからの認証が必要な場合に備えて、メールサービスへの接続のための情報と手順を準備する。
  • トラブルの時に端末さえあれば復旧できることを考えるとeSIMよりSIMカードがベター。

自宅に戻って自宅WiFiでiCloudから新端末に復元実行。14時ごろ初めて、IEEE 802. 11ac接続で18時過ぎまで掛かりました。まだ、なにかサービス利用するたびにログインの確認をされるのが続いていますが、端末買って即日概ね環境回復できるのはいい時代になったなと思いました。

あと問題はSuica。元の端末への登録解除してない場合ひと手間必要なうえに、ホームに入ったまま処理できていない問題もあるので、復旧面倒。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: